着物クリーニング(染み抜き・カビ取り・サイズ直し)専門店/全国対応で相談実績2万件以上!失敗しない着物クリーニング店選びは専門家への無料相談が解決の第一歩です。
ホーム 仕立て/仕立て直し

着物・長襦袢の仕立て直し

着なくなった着物をそのままにしておいても意味がありません。苦労してご両親が準備した着物を仕立て直しをしてお嬢様にお譲りください。お仕立て直しには洗い張りとお仕立てが必要となりますが、裏地が利用できない場合には新品の胴裏が必要です。

仕立て直し価格表(税別)

着物種類 仕立て料金 洗張り料金 合計金額
振袖 26,000円 13,000円 39,000円
留袖(比翼付き) 32,000円 16,000円 48,000円
訪問着 26,000円 11,000円 37,000円
色無地・小紋 22,000円 11,000円 33,000円
喪服 25,000円 11,000円 36,000円
振袖用長襦袢 14,000円 9,000円 23,000円
長襦袢 13,000円 9,000円 22,000円

【納期】40日(シーズンにより若干、変更があります。)
※比翼地必要な場合は11,880円追加 ※胴裏が必要な場合は7,920円追加
その他のお仕立ても受け賜わります。お電話又はメールにて料金をご確認ください。

他店で購入された振袖をお嬢様の寸法を測りピッタリサイズに仕立てます。購入時の仮縫いを解く作業も必要です。
お母様の振袖が小さいのでお嬢様のサイズに着物専用の特殊ミシンでお仕立てをします。
お母様の振袖が小さいのでお嬢様のサイズに一級和裁士が丁寧にお仕立て直しを致します。
全体に振袖が小さいのですべて解き洗い張りをしてから仕立て直します。

全体のサイズ(寸法)が大きいのでハイテクミシンで綺麗に仕立て上げます。
新品の黒留袖に家紋を入れ後日、胴裏を付け仕立てをします。
仕立て上がりの黒留袖を洗い張りをしてから手縫いで仕立て直しします。
反物で保管してあった喪服の着物を手縫いで仕立てをします。

お嬢様が高校生の時に用意した喪服の反物をハイテクミシンで仕立てます。
お嬢様に訪問着を譲る為、すべての寸法を仕立て直しします。
仕立て上がっている訪問着を手縫いで仕立て直しします。
祖母の古い紬の反物と八掛けがありハイテクミシンで袷の着物に仕立てます。

反物と八掛を持ち込みハイテクミシンで袷の着物に仕立てます。
結婚式に着用予定の色留袖。祖母が用意してあった反物をハイテクミシンで仕立てます。
昔、祖母が用意した反物の色無地をお嫁入り支度に仕立てます。
フリーマーケットで購入した色無地の反物をミシンで仕立てをします。

男児の祝い着を三歳の羽織に仕立て直しします。
反物で保管してあった浴衣を一級和裁士が丁寧に手縫いでお仕立てをします。
どうしても着たかった絞りの浴衣。浴衣の値段が高かったので激安の仕立てにします。
絞りの浴衣を幅だしと色止めをして手縫いで仕立てます。

失敗しない着物クリーニング店選び

集荷地域と宅配地域

着物クリーニングの相談方法

支払い方法
時間指定