着物クリーニング(染み抜き・カビ取り・サイズ直し)専門店/全国対応で相談実績2万件以上!失敗しない着物クリーニング店選びは専門家への無料相談が解決の第一歩です。
ホーム 染み抜きクリーニング

20年前の古い染みを綺麗に修復

【保管中の古いしみ】
着物は年に数回、虫干しをしていないと箪笥の中でカビが生えたり酸化して変色したりします。原因は様々ですが「黄変しみ・移染しみ・カビしみ・衿の変色しみ・ヤケ・さび・焦げしみ」などがあります。

黄変じみ

保管中の酸化での染み

原因は様々です。汚れたままの保管で急激に酸化して経時変化により生成り(本来の蚕の地色に戻る現象)してしまい一般的には非常に多く見られます。
酸化漂白剤及びアルカリ漂白剤で黄変じみの個所を部分漂白します。その際、着物の地色や柄も色抜けしてしまいます。これらは染色補正で職人が元に戻します。変色の個所によって料金は違いますので見積り後の加工作業となります。

【染色補正料金の目安】硬貨大/800円(税別)


長期のカビが原因の染み

カビにも色々な種類がありますが、代表的なものは白カビです。従って人の目には濃い色しか見えないため厄介です。きもの全体を油性溶剤でブラッシングして洗い、程度の低いカビはこの洗いで取れますが部分的に変色に至っている場合には染色補正が伴います。これらは染色補正で職人が元に戻します。変色の個所によって料金は違いますので見積り後の加工作業となります。

【染色補正料金の目安】硬貨大/800円(税別)


汗をかいたままの保管での染み

Yシャツでも同様ですが、汗をかいたままの保管で時間が経過した場合にこの現象がみられます。これも本来の蚕の地色に戻る現象です。これらは染色補正で職人が元に戻します。変色の個所によって料金は違いますので見積り後の加工作業となります。

【染色補正料金の目安】硬貨大/800円(税別)


黄変抜きは状態によって加工料金が異なりますのでお見積りをしてから加工作業に入ります。お見積りにご納得の上、加工作業に入ります。

着物の染み抜きクリーニング価格表(税別)

染み抜き お見積り

【納期】7日(シーズンにより若干、変更があります。)

振袖全体に茶色い汚れのような部分が何カ所もあり、解かずに黄変直しで綺麗にします。
白地の振袖がポツポツと茶色く変色。一か所ずつ手作業で綺麗にします。
柄に茶色い部分があります。その変色した部分だけを綺麗にします。
変色してしまった柄の部分だけを職人が手作業で染色補正をして綺麗に直します。

昔の汚れから地色が茶色く変色。成人式に着用する予定の絞りの振袖変色を綺麗に直します。
お母様の振袖に古いシミがたくさんあり綺麗に変色直しを致します。
長襦袢(単衣)を衣替えで衿だけ部分洗いします。
食べこぼしの汚れは擦らずに水分だけを拭きとっていただければ大丈夫です。気になる部分は染み抜きで綺麗になります。

黒留袖の袖の部分が茶色く変色していたので汚れた部分だけを職人が丁寧に色補正して直していきます。
袷(冬用)喪服の襟元を染み抜き。衿元、袖口、裾の部分だけを指定して綺麗にします。
喪服着物の衿元のファンデーションを綺麗にしてお届け。長期保管に備えます。
生理で汚れてしまった長襦袢を綺麗にします。血液でも綺麗に染み抜き出来ますのでご安心ください。

長襦袢(単衣)を衣替えで衿だけ部分洗いします。
長期間、桐のタンスに保管してあった訪問着の地色が変色。すべての汚れを染み抜きしてから色補正を手作業で綺麗に直します。
昔ついたファンデーションが変色している汚れと袖口の皮脂汚れが変色しているので綺麗に補正します。
10年前に購入した色留袖が部分的に茶色く変色。染色補正をして元通りの地色に直します。

失敗しない着物クリーニング店選び

集荷地域と宅配地域

着物クリーニングの相談方法

支払い方法
時間指定