着物クリーニング(染み抜き・カビ取り・サイズ直し)専門店/全国対応で相談実績2万件以上!失敗しない着物クリーニング店選びは専門家への無料相談が解決の第一歩です。
ホーム カビ取りクリーニング 昔の小紋をカビ取りクリーニング/三重県名張市A様

変色はなくカビ取りでカビ菌を完全除去します。


【見積りの合計】小紋(袷)着物のカビ取りクリーニング 10,000円(税別)
【見積りの詳細】小紋(袷)着物のカビ取りクリーニング 10,000円(税別)
【必要な付属品】なし
【納期】7日
※単衣小紋着物のカビ取りクリーニング料金は9,900円


地色がオレンジで淡色の柄は落ち着きがありいつまでも着ることができそうです。
先日、お自宅までお伺いし着物をはいけさせていただきましたが、お電話相談でお聞きしたように小紋全体にカビが生え臭いもしていました。20年ほど箪笥からは出したことがないようで桐の箪笥なのでカビが生えるなんて思ってもみなかったようです。お嬢様が茶道を習いに行くそうで箪笥を開けてみて着物のカビを発見したようです。
着物の地色をお客様と一緒に確認しましたが変色も着用時に分かるほどではありませんでしたのでそのままとさせていただきカビの胞子をすべて綺麗に取り嫌な臭いもなくなります。


<着物初心者の豆知識>
着物にカビが生えていると着物が包んである「タトウ紙」にも必ずカビが生えています。タトウ紙の色が白い為に気付きにくいのですが、交換しなくてはなりません。そのまま放置すると着物の地色が変色するだけではなく他の着物までカビが生えてしまうのです。軽度のカビでも専門店で処置をしないとカビ菌は除去することは不可能です。原因は気温の変化と住宅事情により密閉性の強い最近の住宅に多く着物を干す場所もないのがさびを増殖させてしまうのです。年に数回、引き出しを開けるなどして対策をしなければ呉服でも洋服でも必ずカビは生えてしまいます。

小紋の着物は着物全体に同じ柄がありカジュアルの着物としてお召しになることができます。使用する帯は名古屋帯で箔が使ってある名古屋帯を使用しても式典などの場所には着ていく事ができない着物です。合わせる長襦袢は白色又は薄い色の長襦袢がいいでしょう。長襦袢の半衿は白または柄の半衿でも可能です。
着用後のお手入れ方法は他の着物と同じです。ハンガーに2,3時間かけて陰干しをし衿などのファンデーション汚れがないかを確認して綺麗であればそのまま保管していただけます。汚れがないからと言ってそのまま箪笥の中での放置は危険ですので毎年、虫干しは必要なのです。

失敗しない着物クリーニング店選び

集荷地域と宅配地域

着物クリーニングの相談方法

支払い方法
時間指定